マンションを売る時に戸建を購入する際の住宅ローンで疑問

最近では、マンションを購入した方が、子供の成長や両親との同居といったライフスタイルの変化に伴って、売却して戸建を購入することが増えています。今までは、住宅を購入することは、人生の中で1回限りと考えていた人も多かったのですが、住宅ローンの金利引き下げや、ライフスタイルの変化とともに、マンションから戸建に住み替えることは、難しいことではなくなってきているのです。

さて、マンションから戸建に住み替える場合、問題となるのが残高のある住宅ローンです。住宅に限らず、基本的にローンの残った商品をそのまま他者に売却することはできません。これは、ローンの残高が支払われなくなることを防ぐための措置です。つまり、ローンが残っている限りは所有権を移動させることはできないのです。

住宅の場合、多くの人が20年以上のローンを組んでいますから、これではいつまでも住み替えることはできません。こういった問題を解決するためには、借り換えローンが便利です。

借り換えローンは、マンションを売却して戸建てを購入する人のために開発されたものであり、これまでの住宅ローンの残高を新しい住宅のために借り入れるローンに上乗せするといったものです。この方法であれば、ローンの完済を待つことなく、また無理なく返済することが可能ですからとても便利です。
住宅は、年齢や家族構成によって、住み替えることも必要ですから、こういった借り換えローンは上手に利用したいものです。